やっておいた方がいい勉強

小学校、中学校の勉強で特にやるべきこと

管理人の私が26年間振り返って今でも思うのは勉強をもう少ししておくべきたったと言うのがまず結論です。
そして今欲しいスキルを得るためにやっておけばよかったという教科も自分なりに考えてみました。

後悔しても遅いので今からやるしかないですけど、これを読んでる人が仮に10代であるなら少しでも読んでくれれば幸いです。まず5教科(国語、数学、英語、理科、社会)からなってます。

初めに言っておきますけど、最低限の知識は絶対勉強しておくべきです!こんなことも知らないってのはちょっと恥ずかしいレベルじゃすみません。大人になって使ったものと言えば(働くときとか)、社会(歴史)以外は使ったかな。細かく言えば、漢字(読み書き)、足し算や掛け算など、機械の仕組み、英語。これくらいですかね!簡略化して一番使っているものとすれば。

それくらい、社会人に求められる学力って小さいです。日本であるなら協調性や平均的な人を好みます。でもこれからも日本だけで仕事って言う考えは非常に古いです。その時に必要なものって語学なんですよ。日本語以外の言語ってことになりますけど。日本の技術とか日本独自のものってかなりすごいと思うんですけど、それは日本国内のみの話なんですよね。

日本企業でも伸びてる会社って語学力があって海外支店とかあるところなんですよ。それくらい語学って重要です。五教科で言えば英語ですね。これはもうできないと足きりになる時代も来ますよ。
今、小学校でも英語とIT(パソコン、プログラミング)が必修科目みたいになっているのは今後の為なのでそれは力を入れておくべきです。

私自身英語でネイティブに話ができるわけないですけど、できれば世界は変わりますし職業の選択もはるかに増えます!!

よって英語こそ子供の時に頑張るべき授業です!!!!!

親なら分かるはずです、何が必要なのか。将来のために何ができるのかを真剣に考えましょう。なぜ日本人は英語の授業しても話せないのか?って大学の時聞いたことありますよ。(勿論、日本語で(笑))色々説明されたんですけど、教科書の文章ばっかりやるからだという事や会話できる機会が少ないという点はかなり指摘しましたね。英語で伝えようとしないってのはすごく分かります。私の時の授業は日本語で質問してきますからね。この文章を訳してとか。英語を英語で捉えないと意味がないらしいです。これが理解できたのは最近です(笑)(話せませんが)

英語の質問が来たとして、「なんとなくわかった→日本語で文を考えて→英語で答える」これが日本の英語らしいです。英語できる人は英語できたら反射的に英語で返しますからね。一度頭で翻訳してからということはしません。学校の授業では身につかないわけだ・・・。って思いました。

ちょっと話が脱線しましたね!!

結論!英語こそ必須という事です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA