フリーターで働きながら何かをするのはあり!

フリーターなら柔軟な働き方を

簡単に言うならば「ダブルワーク」という働き方を勧めてます。正社員でもダブルワークしてる方結構いますよね!?そういう方はかなり時間の使い方うまいです!でも今回はフリーターならば!っていう話ですから正社員は置いておきます。フリーターと言えばダブルワークは必須になってきますよね。アルバイトを二、三つでもいいんですが、そのほかに「ライターの勉強、転売、0から稼ぐ力など」をもう一つするべきです。フリーターで今後も生きていこうと思っている方ならチャレンジするべきことです。20歳でフリーターで食っていくって決めたらなら軽く70歳まではアルバイト生活に明け暮れるという事ですよね?

50年をどううまく使うかが非常に老後に左右します。みんながうまくいく可能性はないんですが、ブログ収入とかでも継続していたら月1万円になりました。というのもありますから。フリーターでも社会保険も入れますが、やはり40年後見た時にはきっと年収にかなりの差を感じているはずです。そのことをフリーターは早い段階で学ぶ必要があります。私も23歳の時に知りましたね。現に私が今、ダブルワークしながらブログを作ってみたり、サイトを作ってみたりと色々チャレンジ中ですけど、月1万にすらなっていないのが現実ですが、フリーランスのために何をすべきかってのは見えてきてるので悪い事ではありません。勿論、アルバイトを複数することもいいことです。フリーターなら普通ですけど。会社員がダブルワークをする時代になってきているのにフリーターがダブルワークで満足していちゃいけないってことを伝えたいです。

今回伝えたいのは↑のやつです!

私のアルバイトで結構ダブルワークやってる方いるんですよね。この考えに至ったのは複数のアルバイトから導き出されてますから。結構当たると思いますよ。理由を聞いても「収入」といいますが、本業のほうで足りているけど、お小遣いを増やしたい、家にいる時間がもったいない。など時間を有効に使っているというのを感じました。旅行に行くならアルバイトなら休みも取りやすいですから。気兼ねなく働くことができるのがやはりいいとのことです。

おいおい、社会人がそんな働き方しちまったら。。。フリーターとしてダブルワークしてる俺はどうなっちまうんだよ。。。って恐怖ありますけどね。その恐怖に勝つためにはフリーランスで仕事がもらえるようになるか0から1を生み出すことに励むしかないです。それにすらチャレンジしないフリーターの結末はきっと悲惨だと私は思ってます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA