今後はより自動化、機械化されていく。

2018年現在、日本ではキャッシュレスや業務の円滑化のために機械化などが推進されてきてます。その中で特にデジタル化されているのは金融業界でしょうね。窓口業務を減らし人員削減なども大手ではもう行われております。紙媒体にしてもペーパーレスに動き出す世の中、レジ袋も有料。無駄を無くし、常にエコにしようという動きが世界各国で行われてますが日本ではオリンピック前という事でより加速している感があります。

機械化されるのは当然の流れ

仕事に関して機械化されることは職務が円滑になることと精密にできるといったメリットがあります。その反面人件費が削減され人が雇われにくくなることもあります。しかしこの機械化は止まらないと思います。会社側から見れば人件費の削減、仕事の効率化などメリットの方が大きいですから。
今後も機械化や自動化と言うのはあらゆる業種で行われます。その自動化のシステムや機械をを作る人や直す人が今後も職に困らなくなる職種の一つだと思ってます。
楽になることはとてもいいことですし、当然の流れだと思います。

機械化で就職事情が変わる

大卒が就職で選ぶ業種でIT企業が結構上位になっていますがかなり新卒者は今後の事を考えていて偉いなと感じます。一方金融業界では昔ほど人気が減ってきてます。IT業界を選ぶという事はネットなどの媒体が今後もより伸びていく産業でいろいろな業種に携わっていくというのが狙いで選んでいると思います。モノづくり業界に関しても3Dプリンターがより進歩してきておりもはや家まで3Dプリンターでできる時代ですからね。就職に対しての見方も変わってきてます。本当に細かい作業や人がやらないといけない作業のインフラ業(電気、ガス、水道)などでは機械は補助として活用してます。公務員などの作業もマイナンバー導入により紙ではなく電子で円滑になってきてます。就職活動は変わってきている。今、就職中の人は良く考えているなとこちらまで実感させられます。

今後も期待されそうなもの

身近で自動化や円滑に進めるようになるもので今後も伸びていくものを何個か上げておきます。

  • 現金のやりとり。キャッシュレスや電子マネー
  • 無人レジ
  • ペーパーレス
  • ネットショッピング
  • 車の運転(MT車よりもAT車重視になるでしょう)自動化も。
  • AI(投資でもsiriのようなものもより発展していく)
  • エンジニア・プログラム

まだまだあるとは思いますが基本的には「インターネットがすべてを解決する時代」がくると思ってるので!
その一方でサバイバルなどの真逆の事なども非日常としてピックアップされやすくなるとは思ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA