情報を自分で選定する能力が必要

情報こそすべての時代

世の中には情報が多すぎる!!!まとめサイト有能です!(笑)いい情報や悪い情報、真実や嘘。かなり多くあります。インターネットがこれだけ普及しているので当然と言えば当然なんですが(笑)

情報を得る媒体と言えば、新聞、雑誌などの本関連、TV、インターネットなどありますが基本的には今はスマホで情報を得るのが一般的でしょう。

私個人としては本を読んで情報や知識を得るのが一番と考えてます。本でもネットでもいいんですが「情報を選定する」という事が非常に重要になってきます!!!情報社会ですので情報をまとめて見て、その中から自分の考えに合っていたり、こっちの方が信憑性があるかなぁとか選定することです。

極端な例ですけど(身内や知り合いではなく文字のみと仮定します)

Aさんが「あの店で○○商品が1万だって!」
Bさんが「あの店で○○商品が1万5千円だって。」
Cさんが「あの店でそんな商品なかったよ。」

って話が仮にあるとします。どれ信じます?(笑)

私からすればすべて信用できないんですけど・・・。気になったとすれば「自分で店に行って確認します」(近ければですが(笑)、電話でもいいですし)でもこれも条件が違えばまた変わりますよね?

  1. Aさんが仲のよい友人だった場合は確実に信じますよね!?
    それが有名人だったり結構名が知れてる人なら余計信用できます。
  2. 画像つきの情報だったり。

snsで鵜呑みにされやすいのは文字のみの場合。しかも、実際に確認することもなくただ信じる。
こんな人はやばいやつですよ。正直に言って(笑)最近では画像つきで結構ありますので信じやすく思います。(けれど、画像なんて加工できますからね)どの情報も当てにならない可能性も十分あります。それが赤の他人だったらもう・・・。

解決策としては実際に自分で見て、聞いて、実行するのがいいです。もしくは、ある程度知名度があり信用できそうな方で自分の考えに沿った方。自分で情報をまとめて客観的にすべて考えてみる。ぐらいですかね~。

仮に情報を信じたとしても所詮自己責任ですよ。考え方も人それぞれありますからね。

地震の時にSNSで流れる情報とか。虚偽も結構あったらしいですが、そうなりうる可能性もある情報もあった気がします。やはり情報の選定という事は大事だな~って改めて感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA