投資は長期的の方が楽

投資で大事なこと

投資とかロングスパンの方が基本的に「利」が出やすく戦略も立てやすいというのが投資をやってて思う事です。あのウォーレンバフェットも超長期投資です。勿論、会社の分析したり、どれくらいの利益を見込めるかなど色々考えることはあるんですけどそれでも長期投資のいいところは「あまり取引をしない」という事だと思います。100回トレードするのと1回トレードするのではリスクと言う面において1回の方が少なく済みますからね。
その点でもやはり長期トレードの方が分があると言えます。長期的投資と言えば不動産投資代表的ですね。でも性格の問題だと私は思ってます。正直、私は長期投資向いてません。慣れるために我慢して長期トレードの練習とかしてますけどかなりストレス溜まります(笑)

値動きが気になったり、気にしすぎて寝れないってことありますからね!!!そんな方はデイトレードやスキャルピングをおススメしますが、やってみて分かるのは長期トレードの方が利が出るんですよね~(笑)でも不眠不休になるし・・・。って負の連鎖です。

今でも悩みます。その投資のお金について考えすぎっていうのがよくないんです。基本的に投資は生活に支障がない程度、無くなってもいいと思える金額でやりますので。(私みたいにいつもギリギリで生きている方はリスク負いますが)このお金は放置しても問題ない!と自分が自覚しない限り不安に押しつぶされるんじゃないでしょうかね~。私もどうすれば気にならないか悩んだ末たどり着いた考えですから。

銀行に100万入れてても気にならないでしょ!?0.02%くらいの利子つくのでこれってもう超長期投資と似てるのになぜ気にならないんだ!?って思ったんですよ。使う気もないし、無くなっても保障されるしっていう安心感から来るんですよね!!!!それが投資になると無くなるっていうのがあるから不安感が来てしまいます。

解決方法ございます!!!!!

忘れて寝ることです!これしかないです。無理して寝て忘れるように見ない!!

それでも長期トレードしたいというなら不眠不休で戦うしかないですけど。時には諦めて寝るっていうのも本当にありですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA