Hill Stone(ヒルストーン)のツールームテント

キャンプ
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

今回購入した商品はHill Stone(ヒルストーン)のツールームテントとなってます。購入理由として「大きくて安い」ソロキャンプでもうまく使えばかなりキャンプの幅が広がると思ったからです。Hewflitという中国製格安テントメーカーとなってますので商品にはもしかすると当たり外れがあるかもしれません。

以前の記事にて現在持っているテント(ネイチャーハイク)についても書いているので参考程度に見てください。

スポンサーリンク

オールインワンテント ad176

商品名は「ad176」とヒルストーンのHPには書いております。公式サイトで買う時は輸入代行業者を使っての購入となります。私自身はアマゾンにて11,580円にて購入しました。
会社はHewflitという中国製格安テントメーカーになります。

商品情報

[商品内容]:オールインワンテント
[カラー]:コーヒー、シルバー×ネイビー、ライトグレー、ベージュ(私はコーヒー色にしました) ※色はないものもありますのでご注意ください。
[サイズ]:約2400cm×4450cm×1750cm [重量]:6.5㎏~7㎏(実際に計ったら6㎏程度でした)
[耐水圧]:3000mm (防水力は日々無くなるので初めに何か対策を練ってもよさそうです)
[購入時の値段]:11,580円
[原産国]:中国製

広い全室ですのでここで何か作業できる点も良い点の一つですね。
※ひさしオープンのポールに関しては別売りとなっておりますのでご注意ください。
ベンチレーター(窓は)三か所完備で前室に2個、テント背面に一個となってます。

セットの内容に関して(説明書参考)
・ポール(赤)×1
・ポール(黒)×2
・インナーテント×1
・フライシート×1
・ペグ×20
・ロープ×8

となってます。テントの大きさの割にはかなりコンパクトに収納されていると思われます。

インナーテントとフライシートの大きさも参考程度に見ておくと自分が必要とする大きさも分かると思います。
ソロキャンプで使うのであればかなり広く使えるかなと思います。
テント内底面サイズは240㎝×220㎝くらいです。

実際に使ってみての感想(箇条書き、初心者目線)

実際にテントを使ってみての感想ですがソロ用で使うという意味でなら十分すぎるほどの性能です。
一人での設営も問題なく可能で前室もあるのでそこで座りながら焚き火も可能です。
強いて言うなら焚き火の時に前室内での煙がインナーテントに入る場合(風向きや場所により)もあるぐらいですかね??インナーテント内の空気循環に関して言えばもう少し背面の窓大きくしてもよかったなとも思います。
フライシートに関してははっ水性能はありますが私のやつは前室の上部から雨がしみだしている感もあったので大雨にはちょいきついかなと。
雨天時にはしっかりフライシート等をペグやロープで固定してインナーテントに触れないようにするのも重要です。インナーテントに振れているとやや濡れると思います。
グランドシートはあった方がいいかなと思います。

縫い方とかはしっかり見るのは忘れておりましたので次回見ておきます。ポールに関しては口コミを見る限りポールがもろいと書いてましたが2回程度では問題はないかな?って思います。細いという印象です。
前室のポールは別売りですが私は持っているやつでどうにか使いましたが問題はなさそうです。

しまう時大雑把にたたむとちょっとしまうの厳しいかなと思いましたがパワープレイで何とかなったので収納袋自体は大きめですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました