フリーターの生活スタイル

フリーターの働き方と生活スタイルの例をいくつか挙げてみたいと思います。本当にいろいろなフリーターがいて生活スタイルはさまざまありあくまで例にすぎません。

フリーターの仕事がある日

大きく分けて3つになります。朝型、昼型、夜型の三つです。※真のフリーターは時間帯を決めず24時間出勤できます。

朝型の人は基本的に正社員の方と同じスタイルなことが多いです。
9時~13時、15時、17時ですかね。多いのは8時間勤務でフリーターで朝から働いている方って夜もアルバイト入れていてダブルワークする方多い印象あります。働くのが好きなんでしょうね!!!

昼型の人は12時~20時、21時とかですね。ご飯屋の場合結構込み合うのでアルバイトとして忙しいときではありますが働きやすい時間帯には感じます。夜にしっかりと自分の時間を持てますし朝はゆっくり寝れていいリズムを作れそうです。

夜型の人は17時~0時、2時、朝方までというのもあるでしょう。深夜帯勤務という事もあり高時給という事もあるので拘束時間の割には結構もらえる印象です。この時間帯になると朝働いていた正社員達が遊ぶ時間帯なので入れ替わる感じですかね。飲食から娯楽などが多いです。夜働くことになるので基本的には朝は寝てるので日光を浴びない生活かもしれません。体にはあまりよくない感じですが稼げます!

基本的にはこんな感じだと私も思ってます。休日と平日とではまた変わってきますが基本スタイルはこのような感じです。
おススメは昼ですね。やはり朝寝れることと夜は自分の時間を作れたり友人との食事に行けたりするので一番融通が利くかなと思います。普段、友人と食事や遊びにいかないなら夜型でしょう!がっつり稼いで寝るだけのスタイル。
朝型で働くなら正社員になった方が収入も安定しますので正社員の道を勧めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA