ミニマリストという生き方

ミニマリストを目指す

生き方の手段の一つである「無駄なものは一切持たず、生きるために最低限の物しか持たないかた」という考えです。ミニマリストがごみ屋敷で一日くらしてみたらどうなるんでしょうね(笑)意外と気にしないかもしれません。

ですが!!!

このミニマリストにもいろいろな形態があるんです!

  1. 無駄なものを省くことにより「常にフットワークが軽い方、移動が多い方
    フリーランスの方でどこでも仕事ができ、他拠点、二拠点で仕事をする方で結構多い印象です。
  2. 無駄なものを省くことにより「いつかの為に貯金などをしておくかた
    フリーターで趣味がない方で貯まってしまう人。
  3. 無駄な事を省くことにより「その分好きなものに投資したり友人と遊ぶことに力を入れている方
    省いた分余裕ができ好きなことに配分する方。意外にこういう方が多いです。
  4. シンプルにすべていらないと思っている方。
    2と似てるんですけど、度を越したミニマリストの方ですね。ここまで来るとちょっと生きにくくなるかもしれません。何もかもいらないと思ってしまいますから。

分かりやすいように四つの形態にしておきました。
管理人的には1,2,3のような適度なミニマリストを目指すべきですね。適度なミニマリストはお金も心も自由な方が多いです。【おまけ】ちなみに社会人(一人暮らし)に多いのは3番ですかね。

どんな物が省かれやすいのか?

この断捨離する基準(ルール)はどんなことなのか。一つのもので代用できるものを好む。(ワンプレートのお皿とか)半年間くらい使ってないもの。

この二点を重要視されてます。他にも下記の物。

  • 寝るスペースだけがあればいい賃貸物件。
  • テレビ(今はテレビが見る人が少なくなってきてます)
  • 部屋に置くもの(インテリア)

人によってはこれは必要!これは不必要とあるので一概には言えませんが
ミニマリストの方はその必要か不必要なのかを見分ける能力高いです。
基本的にはミニマリストは一人暮らしの印象が多いので夫婦となるとミニマム化が少し難しくなるかもしれないですが、基本的には使わないものは置かない、壊れたものは捨てる。この最低限のことができれば夫婦間でもうまくいくのではないのかな?と思う。

あくまで生き方の一つというのは忘れないように!!!!

フリーターなら適度なミニマリストを目指すべきです。先日のフリーターで生きていく事は可能なのか?でもお話しましたが、削れる部分を削る作業は必須ですので適度なミニマリスト生き方というのは非常に参考になりますのでSNSなどで実際のミニマリストの生き方を参考にして自分に取り入れるという事も試してみてもいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA